1

手元供養

-個人を忘れないこと、共にいきること-


手元供養とは、一言でいうと、「遺骨」を手元(自宅や身の回り)において供養することです。量は本当に少しである事が多く、ペンダントなどはお米粒2〜3粒程度のかけらを納めるイメージです。ミニ骨壺はお仏壇に添えるほか、部屋の一角に写真と一緒に飾るといった使い方が主流となっています。

dsc_1695


お墓にすべてのお骨を納骨せず、少しだけ分骨して手元に残すことで大切な方の存在を身近に感じることができます。 家族の絆や感謝の想いをより深く、これからも共に歩んでゆくひとつの方法として認知されています。


遺骨ペンダント(アッシュインペンダント)

dsc_2139
いつも身に着けて肌身離さずもっていたい、一緒にいられる安心、そんな要望から生まれた代表的な手元供養のひとつです。ペンダントトップの中に遺骨を入れることができます。

分骨用ミニ骨つぼ(アッシュボトル)


見た目も美しいお仏壇におさまる小さな骨つぼ
和洋を問わずお仏壇やリビングにも馴染む、親しみやすい分骨用骨つぼです。
どこに置いても骨つぼと分からないデザインです。

遺骨ダイヤモンド(メモリアルダイヤモンド)

memorialdiamondo
ご遺骨やご遺灰から世界にひとつだけの故人由来のダイヤモンドを制作できます。永遠の輝きと一緒にいつも身につけられる。海外でも人気のある手元供養です。

モニュメントステージ


大切な物をおごそかに安置できる専用ステージ台
現代の住まいの事情にあった、祈りのスペースをさりげなく。
いつものインテリアを保ちながら、暮らしの一角に大切な方のための空間を作ります。

プリザーブドフラワー


冠婚葬祭などの贈答品に美しいデザインギフトや仏壇装飾に。
心にこもった美しいデザインギフトを冠婚葬祭などの贈答品としてお送りできます。
近年人気の高いプリザーブドフラワーを仏壇装飾に置くことで故人との思い出をあたたかく彩ってくれることでしょう。

大切なペットの新しい形のご提案ペットライフデザイン「Pet Avenue」

新着記事